施設選びのポイント

老人ホームの種類

老人ホームの種類にはそれぞれ特色があります。

老人ホーム・介護施設にはいろいろな種類があります。
公共施設、民間施設、目的、費用さまざまです。どのような違いがあるのかさっぱりわからないという方が大半なのではないでしょうか。
どのような介護施設があるのか整理しましょう。
ご利用者様の状況、介護をされているご家族様の状況などによって適切な老人ホーム・介護施設があります。
ご質問等がありましたら札幌老人ホーム・介護施設紹介センターまでお気軽にお問い合わせ下さい。

介護付き有料老人ホーム 介護付有料老人ホームとは、食事や清掃、身体介護から、リハビリ、サークル活動、レクリエーションなど、施設のスタッフによる幅広いサービスが受けられる介護施設です。主に民間事業者によって運営されています。
住宅型有料老人ホーム 住宅型有料老人ホームとは、主に民間企業が運営し、要介護者や、自立(介護認定なし)・要支援状態の高齢者を受け入れている施設です。生活援助や緊急時の対応、レクリエーションが受けられ、介護が必要な場合は、外部サービスを利用しながら生活できます。
サービス付き高齢者向け住宅
(サ高住・サ付き)
サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリー対応の賃貸住宅で、主に自立(介護認定なし)あるいは軽度の要介護状態の高齢者を受け入れています。生活相談員が常駐し、入居者の安否確認や様々な生活支援サービスを受けることができます。
グループホーム グループホームとは、認知症の高齢者が少人数で共同生活を送りながら、専門スタッフによる身体介護と機能訓練、レクリエーションなどが受けられる施設です。認知症高齢者グループホーム、認知症対応型共同生活介護とも呼ばれます。
軽費老人ホーム 軽費老人ホームとは、比較的少ない費用負担で利用できる福祉施設で、主に自立あるいは要支援の高齢者を受け入れています。見守りと食事の提供を行う「A型」と、見守りのみの「B型」があります。
ケアハウス
(軽費老人ホームC型)
ケアハウスとは、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの介護サービスを受けられる施設で、軽費老人ホームC型とも呼ばれます。助成制度が利用できるため、低所得者の費用負担が比較的軽い施設です。
小規模多機能型
居宅介護
“介護が必要となった高齢者が、住み慣れた家・地域での生活を継続することができるように、
要介護者の様態や希望に応じて、「通い(デイサービス)」を中心として、随時「訪問(訪問介護)」や「泊まり(ショートステイ)」を組み合わせた3つのサービスを提供する在宅介護サービスです。
これらのサービスを同じスタッフが対応するため、連続性のあるケアを利用できる利点があります。
特別養護老人ホーム(特養) 特別養護老人ホームとは、寝たきり状態など重度の介護を必要とする要介護者が、少ない費用負担で長期入所できる施設です。社会福祉法人や地方自治体などにより運営される公的な介護施設で、特養とも呼ばれます。
介護老人保健施設(老健) 介護老人保健施設とは、比較的少ない費用負担で医療管理下での看護や介護、回復期のリハビリが受けられ、医療法人や社会福祉法人などが運営する、公的な施設です。老健とも呼ばれます。
介護療養型医療施設
(療養病床)
介護療養型医療施設とは、比較的重度の要介護者に対し、充実した医療処置とリハビリを提供する施設です。主に医療法人が運営する施設で、多床室もあることから比較的少ない費用負担で利用できます。療養病床とも呼ばれます。

お気軽にご相談下さい。お好きな場所で相談できます。

無料相談のお問い合わせこちらから

お気軽にお問い合わせください

0120-630-280

24時間受付中

お問い合わせフォームはこちらから